「手のひらや指先の痺れ」・・・大半は短期で改善できる治療法があります。

「手のひらや指先が痺れます。」と最近、老若男女を問わず、多くの方が来院されます。
パソコンなどを中心とした事務仕事の方や手作業が中心の職業の方に多くみられるような気がします。
では、どのようにしたら良いのでしょうか?

① なぜ、手が痺れる??
原因は多くありますが・・・大まかに2つに分類した場合・・・
a、頸椎(首)が原因で起こるもの(頸椎椎間板ヘルニアなど)
b、頸まわりの筋肉や胸、腕など神経の走行の中で圧迫されて起こるもの。

腕神経叢

痺れ症状は、神経の圧迫による神経への血行不良でおこる症状なので、一体、神経がどこで圧迫されているのかが問題となってきます。

今回はbの症例について説明しましょう。

どのようにして治療するの?

 

まずは、どこで圧迫されているのかを診断することが最も重要になってきます。
この診断を間違えますと、治療効果は出ず、長い期間痺れた状態が持続することになります。
痺れが出ている個所や状態を診て、判断していきます。

その診断で疑われる部位を治療していきます。

 

当院での治療は?

 

まずは、神経の走行である頸まわり、胸、腕などの周囲の筋肉を緩めていきます。
主に、関節運動を伴ってのストレッチ運動が中心になります。
周りの筋肉が緩んだら、今度は神経の通り道(トンネル)を広くしてあげる動作を入れていきます。
あとは、神経に直接アプローチして、神経の動きを誘導するストレッチ動作を入れていきます。
治療中に痛みなどはなく、受けられている方は触れられている程度の感覚です。

 

当院にご来院頂きました方の平均来院回数は約3~5回で痺れ症状が改善致しました。
しっかり、原因を見極める事が最も大事です。
「周りの人から頸が悪いと言われたから・・・」などと勝手に決めつけず、是非、早いうちに御相談下さい。

 


今すぐ、本格的な治療を受けて痛みを取り除きませんか?

早い段階であれば、もっと早く治せたのに・・・そんなケースが多数存在します。
痛みは、何よりも一日でも早く改善することが大事です。

皆様に対して、当院の治療を知ってもらうため、初診のみ通常価格の半額で治療します。
どんなことでも、まずは当院までお気軽にご相談ください。

ご予約は今すぐこちらにてお電話ください! 急な痛みも当日予約OK!メールでのお問い合わせはこちら

大阪市交通事故専門サイトができました

koutuu