「産後の骨盤矯正」・・・診断を間違えると痛みが増強する!?

「産後に腰が痛くなりました」「出産してから片側(右or左)の腰が痛い」など最近若い女性を中心に、よくご来院頂きます。
巷で噂の「産後の骨盤矯正」・・・一体、どういう原因で起こるのでしょうか?

そもそも、産後の腰の痛みって、なぜ起こるのか、

というのは知っていますか?

骨盤は、例えて言うと、いくつかのお皿を靭帯というバンドで縛ってあるイメージを持って頂くとわかりやすいと思います。
骨盤

この骨盤は、出産時に大きく開きます。大きく開いた後は、骨盤がゆるゆるの状態です。
骨盤は、体重を支えているため、骨盤がゆるゆるだと体重が支えきれず、下肢に力が入らない状態になります。
なので、「腹帯」などでしっかる縛るわけですね。

ただ、骨盤が元の良い状態で縛れていると、特に問題なく腰痛も起こりません。しかし、大半の方が緩んだ状態から不具合の起こる位置で縛ってしまうため、不具合が起こり腰痛が起こります。

では、どのように治療していけばいいの??

で、当院に御来院頂いています方の多くは、骨盤の緩みで起こっている腰の痛みが多いように思います。
緩んだ骨盤に対しては、強い矯正を入れると、その日に痛みが増強し歩けなくなります。そのぐらい危険なんです。
ですので、他の症状と同様、きちんとした診断が必要となります。
当院では、この診断に重きを置き、十分時間を取り診断いたします。
骨盤に緩みがあり、起こっている腰痛の場合は、体を捻じって行うような強い矯正を行うと、痛みが増強します。
当院では、このカイロベッドを使用します。
カイロベッド

このベッドで、リスクのないよう、良い位置に骨盤を矯正し、

その後このブロックで自分の体重を利用して矯正していきます。
IMG_0181

産後の、緩んだ骨盤に対しては、きつい矯正は必要ありません。

というより逆効果になることが多々あります。

当院では、その人それぞれに合った治療を心掛けておりますので、安心してご来院下さい。


今すぐ、本格的な治療を受けて痛みを取り除きませんか?

早い段階であれば、もっと早く治せたのに・・・そんなケースが多数存在します。
痛みは、何よりも一日でも早く改善することが大事です。

皆様に対して、当院の治療を知ってもらうため、初診のみ通常価格の半額で治療します。
どんなことでも、まずは当院までお気軽にご相談ください。

ご予約は今すぐこちらにてお電話ください! 急な痛みも当日予約OK!メールでのお問い合わせはこちら

大阪市交通事故専門サイトができました

koutuu