膝・脛が痛い!そんな気になる下肢の痛みの原因と対処について

高校野球、総体といったイベントも開催されるスポーツが盛んになる暑い季節になり、

当院に下肢の痛みを訴えて来院する学生が多くなりました。

次のような痛みに悩まされていませんか?

または、お子様は訴えていませんか?

 

・膝のお皿の下が痛い。

・脛の内側が痛い。

 

このような痛みは筋肉の柔軟性の低下、

下肢のアライメントの異常(扁平足、ハイアーチ、O脚、X脚、動作時の癖など)が原因です。

 

この痛みを庇いながらスポーツをするとどうなるの?

 

我慢しながらスポーツを続けている子が多いですが、

最悪の場合、疲労骨折や剥離骨折に繋がり長期休養を余儀なくされます。

 

 

このひざの痛みの対処として、当院ではスポーツマッサージ、

ストレッチにより痛みの原因になる筋肉の柔軟性を改善し、

下肢のトレーニング指導により痛みの原因になるアライメント、

動作の癖を改善します。

 

痛みがあったら我慢せず、まずは当院までご相談ください。


今すぐ、本格的な治療を受けて痛みを取り除きませんか?

早い段階であれば、もっと早く治せたのに・・・そんなケースが多数存在します。
痛みは、何よりも一日でも早く改善することが大事です。

皆様に対して、当院の治療を知ってもらうため、初診のみ通常価格の半額で治療します。
どんなことでも、まずは当院までお気軽にご相談ください。

ご予約は今すぐこちらにてお電話ください! 急な痛みも当日予約OK!メールでのお問い合わせはこちら

大阪市交通事故専門サイトができました

koutuu