難聴について

難聴とは耳が聴こえにくいことのことを言い、主に加齢性の難聴やストレス性によるもの、内耳のウイルス感染などが考えられます。加齢性の難聴の場合は、老化の聴力の衰えなので、修復したり治療することは困難です。

難聴の対策

対策としては補聴器を使用して、音を聞き取りやすくする方法がありますが、音量の調節などに時間がかかってしまうことが多いです。ストレス性による突発性の難聴は、ストレスの根源を取り除くことによってある程度治療が可能になります。

 

加齢によるものとは違って、徐々に聞こえなくなるのではなく、急激に音を聞き取る機能が低下してしまう症状です。

ウイルスの感染で発症するものもストレス性のものと同様に突発性であることが多く、ストレスによって免疫力が下がった状態でウイルスに感染したことにより、一気に感染が広がり症状が大きくなったものと考えられています。

難聴の治療

治療法としては抗炎症作用を持つ薬剤を使用することです。またウイルスに対する免疫力を向上させるためにも、ストレスを軽減していくことが重要であるとされています。

成人発症性の難聴はWHOの世界の疾病負荷のランキングでも15位と上位に位置していることから、決して珍しい病気ではありません。治療法もステロイドの投与やカウンセリングなどでのストレスの発散と緩和、生活指導や耳の治療などがあります。

加齢による難聴の対策

加齢性のものに至っては補聴器の使用など根本的な治療ではなく、様々な対策が講じられています。注意しなければならないことは難聴は一人では気が付きにくいということです。

特に加齢性の難聴は徐々に聞こえにくくなってしまうので、気づくのが遅く認知症を併発してしまうリスクもあります。それだけでなく、難聴による交通事故なども多く報告されていることから、なるべく一人で出歩かせないようにすることが重要です。

 

人間の聴力は40代から劣化が始まるので、定期的に聴力検査を行うことで対策を行うことも良いでしょう。

難聴の治療は当院にお任せ下さい

当院は、綿密な治療計画を行い、痛みの原因の解消をすることをお約束いたします。まるとく針灸接骨院はあなたが「笑顔」になっていただけるように、最善の方法で施術を行います。難聴にお悩みの方は、ぜひ一度、当院お越し下さい。

 

皆様の御来院、心よりお待ちしております。


今すぐ、本格的な治療を受けて痛みを取り除きませんか?

早い段階であれば、もっと早く治せたのに・・・そんなケースが多数存在します。
痛みは、何よりも一日でも早く改善することが大事です。

皆様に対して、当院の治療を知ってもらうため、初診のみ通常価格の半額で治療します。
どんなことでも、まずは当院までお気軽にご相談ください。



大阪市交通事故専門サイトができました

koutuu

まるとく針灸接骨院Facebookページ

koutuu