五十肩について

五十肩は加齢によって肩が上がりにくくなったり、動かしていなくても肩が痛くなったりする状態を言います。特にデスクワークを中心に行っている40代から50代の男女に多くなっており、肩関節の周辺が炎症することによって五十肩になります。

 

五十肩は通常では片側にだけ発生し、両肩に発生する痛みや肩の動かしにくさなどは別の症状である可能性も否定できません。特に肩の周辺の筋肉は首周りの鎖骨によってのみ支えられているので、肩の筋肉には非常に負担がかかってしまうのです。

五十肩の原因

負担がかかるにも関わらず、肩を動かさずにデスクワークを続けていると筋肉に負担がかかり周辺の炎症が発生し五十肩になってしまいます。

 

これを避けるためには、運動療法が効果的です。特に一番五十肩を悪化させてしまう事は常に肩を動かさずにデスクワークなどの作業を続けることです。放っておくと更にひどくなってしまい、運動することすらままならなくなってしまうのです。そのため少しでも肩の筋肉を動かして、肩関節周辺の炎症を和らげることが重要になります。

 

また運動療法は痛みを伴いますが、数日で痛みが引いた場合は、継続して行うことが重要です。運動療法による痛みが引いた後に、少しずつ継続して運動を行いましょう。どうしても肩の痛みが引いていかない場合は医師や理学療法士に相談したほうが無難です。

運動後のケアも大切

運動する前に肩を温めたり、運動後に肩を冷やしてクールダウンさせるなどの手続きも重要です。事前に温めておけば、いきなり運動して肩を痛めてしまうことがないようにすることができます。運動後に冷やすことで筋肉の痛みを和らげることが可能です。

 

また五十肩は肩こりとは違う症状です。肩こりは両肩に発生するものですが、五十肩は片側にだけ発生することが多く、痛みが長引くようであれば腱板断裂の可能性もあるなど放置しておくと取り返しのつかない状態になってしまうこともあります。加齢のせいだから仕方ないと、放置しないようにしましょう。

五十肩の治療は当院にお任せ下さい

当院は、綿密な治療計画を行い、痛みの原因の解消をすることをお約束いたします。まるとく針灸接骨院はあなたが「笑顔」になっていただけるように、最善の方法で施術を行います。ぜひ一度、当院お越し下さい。

皆様の御来院、心よりお待ちしております。


今すぐ、本格的な治療を受けて痛みを取り除きませんか?

早い段階であれば、もっと早く治せたのに・・・そんなケースが多数存在します。
痛みは、何よりも一日でも早く改善することが大事です。

皆様に対して、当院の治療を知ってもらうため、初診のみ通常価格の半額で治療します。
どんなことでも、まずは当院までお気軽にご相談ください。



大阪市交通事故専門サイトができました

koutuu

まるとく針灸接骨院Facebookページ

koutuu