坐骨神経の治療

  • 長く座っているとお尻のあたりがムズムズして重だるい。
  • 腰はあまりいたくないのにお尻から下肢にかけて痺れている。
  • 肘の内側がピリピリして手首にかけて痺れがある。
  • 手首の腱鞘炎のような症状が治まらず、熱を持っている気がする。
  • 慢性的に痛くて、痛みから解放されたい。

これは「坐骨神経の圧迫による過剰反応」で放っておくと、安静にしているときでも痺れが出現したり、椅子に臀部がつけないほどの強い痛みを伴うことになります。 一日でも早く対処すればするほど、症状は軽く済み、楽になります。

 

 

当院では、この治療に対しては3つのステップでアプローチしていきます。

 

 

①坐骨神経の圧迫の原因となりやすい筋肉(梨状筋など)に対し鍼治療を施します。

②臀部周りの筋肉の「筋膜リリース」を行います。

③坐骨神経に対し直接マニュピレーションを行います。

 

 

①に対しては、原因となりやすい筋肉に対して鍼治療を行いますが、当院の鍼治療の特徴は、少ない本数でピンポイントにアプローチいたしますので、リスクも少なく受けて頂けます。(約2~3本)

②に対しては、梨状筋を含めた股関節の外旋筋の筋膜リリースを行います。

③に対しては、坐骨神経に対して直接マニュピレーションいたします。(痛みを伴うことはございません。)

 

このような症状で来られる方は多いのですが、こちらで施術してからは、約3~5回の治療で皆様改善されています。症状が出現されてから時期が早い方は、その日に痺れが止まることが多いです。 ですので、気になる症状がございましたら、一日でも早い対処をおすすめいたします。


今すぐ、本格的な治療を受けて痛みを取り除きませんか?

早い段階であれば、もっと早く治せたのに・・・そんなケースが多数存在します。
痛みは、何よりも一日でも早く改善することが大事です。

皆様に対して、当院の治療を知ってもらうため、初診のみ通常価格の半額で治療します。
どんなことでも、まずは当院までお気軽にご相談ください。


ご予約は今すぐこちらにてお電話ください! 急な痛みも当日予約OK!メールでのお問い合わせはこちら

大阪市交通事故専門サイトができました

koutuu

まるとく針灸接骨院Facebookページ

koutuu